岩盤浴の素晴らしさ

今話題を呼んでいる岩盤浴ってご存知ですか?


その効果の素晴らしさを探ってみる事にしましょう。


岩盤浴の発祥の地は秋田県にある玉川温泉であり、温泉の地熱で温められた北投石を使用した温浴法
として知られていました。


衣を着たまま石の上に横たわり、発汗作用を促す事で新陳代謝が高まり、高いデトックス効果が期待
出来るというものです。


その効果の仕組みは、天然の鉱石が温泉の地熱で温められることにより、遠赤外線やマイナスイオン、
ラドンガスが石から放出されて、サウナよりも大量の汗をかくことで自然治癒力を高めるのです。


お湯の無いお風呂といった感じの健康法が岩盤浴なのです。


現在では温泉の地熱の代わりに別の熱源を使用して行なわれているようです。


新陳代謝を促進させるのは石の遠赤外線の作用によるもので、温熱を体の心まで浸透させる事により
発汗や排尿によるを促し、体にたまった毒素を排泄させようとします。


また遠赤外線は現在医療の分野で癌治療にも応用されており、これは遠赤外線による温熱効果により
熱に弱い癌の治療に有効であるという事らしいのです。


このような事から岩盤浴に関しても癌の予防と再発防止に期待がなされています。


そして岩盤浴が免疫力を高めたり細胞の活性化したりするのは、石のマイナスイオンの作用によるもの
であり、さらに遠赤外線の共鳴振動により血液がサラサラになると言われています。


なるほど岩盤浴は健康にも美容にもとても効果的な入浴法なのですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120944732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。